さを表す単位で、1秒間に原子核が壊変する数を表します。 バックグラウンド試料は重さで割ることによって放射能を評価できるものではないからである。この意味でも一連の測定試料の容量または重量は、一般的には一定にする必要がある。たとえばnnistii+bは、nist・試料の計数率の平均値を意味する。 »åŠ ã—て、比放射能を調整する場合があります。 除染後の放射能、表面汚染密度を計算し それぞれの除染係数、除染率を算出。 除染後放射能(Bq)= (スミア紙の計数率(cps)- BG(cps)) x計数効率(Bq/cps) 拭取り効率 (放射能のバックグラウンド補正を忘れずに) šã®æ•°ã‚’計測するときなどにこの単位が使われます。 原子核内の過剰なエネルギーを外部に放出 しながら安定な原子核に変化する šéšœå®³ã®é˜²æ­¢ã«é–¢ã™ã‚‹æŠ€è¡“ 第1問 次の各問に計算過程を示して答えよ。 (1) 13.7 gのCs-137がある。半減期の2倍の時間が経過した後のCs-137の原子数はおよそいくらか。 解答例 137Cs 137 gは、アボガドロ数(6.02×1023)の原子数を有する… šé‡çŽ‡å®šæ•°[μSvï½¥m2ï½¥MBq-1ï½¥h-1] この外部被ばくの低減化のためには、以下の3つが重要です。 10.2 放射能濃度の計算〔計算機を用いるが手計算も出来る〕 放射能濃度は次の式にしたがって計算する。 試料ピーク面積 b gピーク面積 = 正味計数率 試料測定時間 b g測定時間 正味計数率 × æ¸›è¡°è£œæ­£ä¿‚æ•° × ç°åˆ†çŽ‡ × å¸Œé‡ˆå€çŽ‡ 放射能濃度 = ®ã‚’求める。 ・放射能の計算をする。 放射能の計算をしようとすると結構大変なので、 ここでは下記のサイトを利用させてもらうことにしました。 放射能の測定β 放射性物質. 不安定な原子 原子. さを表すが、これだけでは人体への影響度合いを測ることがで … šé‡æ›ç®—ができるサイトはないのでとても助かっています ®ã®åˆ¤å®šã«ã¤ã„ては「食品に含まれる放射能の計算(文部科学省「全ベータ放射能測定法」)」に準ずる。 効率については、「計数効率の計算に(論理値)」準ずる。 半径が√5とわかれば全休の面積は4πr^2で20πとなります。よって面積比が20倍あることがわかりました。 計数率が100[cps]ですからここの部分に100[Bq]分の放射能が計測されているのがわかります。面積比が20倍ですから100に20を掛けると放射能が計算できます。 ョンカウンターやガンマカウンターで得られる測定値は、計数率(cpmまたはcps)として表示されます。 この計数率を計数効率(e)で割ることにより、絶対的な放射能の単位に変換することができます。 cps x 100/e = dps = Bq; cpm x 100/e = dpm 未知試料と同一核種で、放射能D 0 (Bq)既知の標準試料を用いて測定を行い、得られた計数率n 0 (s-1 = cps)から、 検出器の計数効率e (= n 0 / D 0 )を求めておきます。 次に、未知試料について、同一条件にて 計数率n (s-1 )を測定すると、放射能D (Bq = dps)は、 D = n / e で決定できます。 šæºã‚’計数する場合 t 分間の計数値はつねに r t になるとは限らず、r t の付近に分散した値が得られる。 šé‡çŽ‡. Sv/ h. 放射性同位元素,放射性同位体. šï¼š エネルギーの高い光(光子,電磁波) 放射性壊変 2 従って、仮に、パルスペア分解能(個別に分離計数できる出力パルス最小時間間隔)を 5 ns ( = 5 × 10 -9 秒 ) とすれば、単純計算で、毎秒最大 1 / ( 5 × 10 -9 ) = 2 × 10 8 個のパルスまで計数できることになります。