PER:(連) 14.28倍 兜町の噂銘柄【4321】ケネディクスに5億円投入の大口参戦の予感!反発でレンジ抜けできるか!注目だぞ!, 【4592】サンバイオショック再び!バイオ関連が大暴落!「要注意バイオ関連3銘柄!」, 防衛関連銘柄が急騰!防衛そして宇宙関連とテーマが豊富!出遅れ銘柄【6946】日本アビオニクスが妙味あり!, テーマ株を狙う!EV(電気自動車)関連の【6508】明電舎がEV関連の本命に急浮上!, 噂のTOB!【4321】ケネディクスの暴騰を的中!【6617】東光高岳提供後に即1.5倍!〟急騰期待銘柄を週明けに特別提供してくれるぞ!, 今注目のテーマ「水素」!狙うべき銘柄は?水素製造装置関連のド本命【6331】三菱化工機は大化けの期待!, ふるさと納税関連【6535】アイモバイルがSTOP高!投資クラブ注目銘柄【2489】アドウェイズ, 地政学リスク浮上!防衛関連【7014】名村造船が急伸!防衛関連本命の【6208】石川製作所に注目, 水素製造装置関連の本命【8088】岩谷産業が急伸!今注目の「水素」の出遅れ【6299】神鋼環境ソリューション. sf映画などで見かける自動運転車。 これの実現がすぐそこまで迫ってきています。 高齢者ドライバーの事故報道が世間を賑わせていますが、自動運転技術が発達すれば事故は大幅に激減するでしょう。 また世界各国で開発競争が激化している世界的なテーマ株です。 ・運転可能距離は短め 7203 トヨタ自動車 本命度. ≪2017/09/22時点≫, 三菱系の機械商社である西華産業もEV関連銘柄の出遅れ株として注目だ。西華産業は産業機械部門でリチウム電池用関連設備を手掛けることから、リチウムイオン電池関連銘柄として注目される銘柄。こちらも間接的なEV関連銘柄として注目したい。, 時価総額:51,519百万円 ・環境性能は大変良い, ・動力源はエンジンとモーター EV(電気自動車)関連銘柄に新たな一社が登場!?1.1. 【6599】エブレン2. リチウムイオン電池 関連銘柄 本命. 水素関連銘柄とは 2014年にトヨタが初の量産型セダンとして「MIRAI」を発表し、本格普及に向けて大きく前進した燃料電池車。本格普及にあたり燃料電池自動車関連の部品メーカ、水素ステーション関連 … ・必要なものはガソリンと電気 この記事では、電気自動車関連銘柄について解説しています。電気自動車(ev)の概要やテスラモーターズの株価について解説した上で、2020年の電気自動車関連銘柄の株価動向、おすすめの電気自動車関連銘柄リストについても取り上げています。 ≪2017/09/22時点≫, 富士通傘下の富士通コンポーネントもEV関連銘柄として見逃せない。富士通コンポーネントはリレーと呼ばれる信号の中継器を手掛けている銘柄だ。, EV(電気自動車)と住居の間で電気エネルギーを融通しあうV2H(ビークルトゥホーム)と呼ばれるシステムがあるが、このビークルトゥホームではリレーが必要不可欠な存在である。今後、EV普及が加速していけばビークルトゥホームにも注目が集まり、そうなればリレーを手掛ける富士通コンポーネントも物色人気を集める可能性がありそうだ。, 富士通コンポーネントの時価総額は割と小粒で値動き妙味の観点でも面白い。間接的ではあるが、EV関連の出遅れ銘柄として注目したい。, 時価総額:11,361百万円 ・運転可能距離は長め PBR:(連) —倍 PER:(連) 23.79倍 PBR:(連) 1.74倍 PBR:(連) 2.31倍 ≪2017/09/20時点≫, セントラル硝子もEV関連銘柄の一角として注目しておきたい。セントラル硝子はガラス国内3位の企業で、こちらもリチウムイオン電池の電解液を手掛ける銘柄だ。リチウムイオン電池は、正極材・負極剤・セパレーター・電解液の4つの部材で構成されている。つまり、電解液はリチウムイオン電池にとってなくてはならない必須部材。, EVの普及加速によってリチウムイオン電池の需要が高まればセントラル硝子にとってもビジネスチャンス。こちらも関東電化工業と同じく注目だ。セントラル硝子は現状、PBRはまだ割安感があるのも注目だ。, 時価総額:26,792百万円 PBR:(連) 1.68倍 日立造船<7004>が後場一段高となっている。 10日付の日本経済新聞が「電気自動車(EV)の次世代基幹技術として本命視される『全固体電池』の実用化への動きが官民で加速し始めた」と報じたことをきっかけに関連銘柄が動意づいており、既に硫化物系固体電解質を使用した全固体リチ … 2017年から注目されてきたEV(電気自動車)関連銘柄ですが、2018年も同様に注目できます。, 自動車業界の市場規模は250兆円ともいわれており、これがガソリン車からEVへのシフトしていくわけです。, 今回はEVの基本から注目しておくべき関連事業と具体的な銘柄、EV本命の関連銘柄について解説していきます。, インド、中国では特に環境汚染が酷く、中国に至ってはEVを普及を国家プロジェクトとして扱い力を入れています。, ノルウェーでは最もEVの普及が進んでおり、現在新車の45.3%である約半分がEVへとシフトしています。, 日本ではリチウムイオンの技術に関して、世界でもリードしているためEV普及の恩恵を受けやすいといえます。, しかしリチウムイオンの問題点は、液漏れや発火の危険性があり、これがEVの普及を妨げています。, また性能も大幅に上昇し、数分で90%近くまで充電できる急速充電までも可能になるのです。, 株式市場においてもEVと全個体電池関連銘柄は同時にチェックしておくべきセクターなので、ぜひともチェックしておきましょう。, 日本を代表する企業であり、EVの研究をするためマツダと業務提携も発表しました。 またEV普及の要である全個体電池に対しても本気度が違います。, リチウムイオン関連銘柄としても注目を浴びる企業です。 TDKが同社への出資比率の引き上げ、材料開発を強化しようとしています。, 急速充電やリチウムイオン電池、全個体電池が主な周辺事業になるので、ここも合わせてチェックしておくと全体が把握しやすくなるでしょう。, また各国の対応目標もおおよそ2030~40年になりますので、短期投資、長期投資どちらでも相性がいいテーマ株です。. 今回ピックアップするテーマは「MaaS関連銘柄」について。MaaS(Mobility as a Service)の基本的な概要から、トヨタ自動車とソフトバンクグループの共同出資会社「MONETテクノロジーズ」に関するニュース、2019年に注目のMaaS関連銘柄についても取り上げていますので要チェックです。 最近の株式市場では EV(電気自動車)関連株 や FCV(燃料電池車)関連株 が注目を集めていますね。 これは、11月の米大統領選で環境問題を重視し、クリーンエネルギー推進派のバイデン氏が勝利したことが一つの要因だと思われます。 【フライトHDが再度寄らずのストップ高】11/4の紹介時株価「550円」から既に4倍近くへフライアウェイ!! ≪2017/07/11時点≫, テクノアルファもEV関連銘柄で本命視される銘柄の一角といえよう。テクノアルファはパワー半導体結線装置が主体の商社でテクノアルファの手がけるパワーデバイスはEVにも使用されているようだ。テクノアルファも時価総額が小さく、値動きの軽いジャスダック銘柄だ。短期~スイングで狙うのも面白い銘柄といえるだろう。, 時価総額:18,115百万円 PBR:(連) 2.04倍 PER:(単) 106.46倍 「電気自動車関連」が3位、環境政策への取り組みは世界的に加速へ<注目テーマ> 特集 11/4 古河電池---急騰、EV関連として注目 材料 11/24 「電気自動車関連」が2位にランク、東京都は30年までに脱ガソリン車を実現へ<注目テーマ> 特集 12/10 2018年にくるテーマは? ≪2017/10/02時点≫, シライ電子工業はプリント配線板を手掛ける銘柄でEV関連銘柄の出遅れ株として注目が集まっているようだ。, 先日09/28にはトヨタ・マツダ・デンソーの3社がEVを開発する新会社を設立する方針ということが報じられたが、シライ電子工業はEVの新会社を設立する3社のうちデンソーを主要販売先としていることから出遅れのEV関連銘柄として物色されている。, シライ電子工業といえば任天堂関連銘柄としての側面もあるが、EV関連銘柄としては出遅れであり、また時価総額の規模も小粒。値動き妙味の観点から短期資金を集めやすそうだ。引き続き注目したい。, 時価総額:1,322,132百万円 EVとは電気自動車のことで、主に二次電池を搭載し、これにより走る車のことです。 現在各国では、環境汚染の解消を背景にEVの普及が進められています。 インド、中国では特に環境汚染が酷く、中国に至ってはEVを普及を国家プロジェクトとして扱い力を入れています。 このような背景からガソリン車の撤廃が世界中で波及。 各国は以下のように今後のプランを発表しています。 普通のガソリン車が、ガソリンを入れることで走りますが、EVは電気の力で走りま … ≪2017/11/21時点≫, ヒラノテクシードもEV関連銘柄の一角として注目しておきたい。ヒラノテクシードは塗工機メーカーで高いコーティング技術をもつ会社である。同社はEV(電機自動車)用の2次電池の電極塗工装置を展開していることからリチウムイオン電池関連銘柄・EV関連銘柄として注目される。, ヒラノテクシードの時価総額規模は小粒とまではいかないものの、値動きの重い類の銘柄ではない。値動き妙味という観点でも注目しておきたい。, 時価総額:70,107百万円 PBR:(連) 1.65倍 ≪2017/10/10時点≫, オーネックスに注目だ。オーネックスはEV関連銘柄の出遅れ株として注目されているようだ。, オーネックスは自動車部品メーカー向けに金属熱処理を手掛ける企業。EV(電気自動車)には急速充電の課題や充電施設の普及などさまざまな課題があるが航続可能距離にダイレクトに影響する「車体の軽量化」も大きな課題と言える。, オーネックスの金属熱処理加工の技術は「車体軽量化」にも影響を及ぼすということなのか、関連銘柄の一角として個人投資家の注目を集めているようだ。オーネックスはEV関連銘柄としては出遅れ株といえるし時価総額が小粒な点も面白い。今後の値動きにも注目したい。, 時価総額:13,463百万円 PER:(連) 70.67倍 PER:(連) 19.63倍 ・環境性能◎, ・動力源はモーターと燃料電池 最近の株式市場でもEV関連銘柄・リチウムイオン電池関連銘柄が動意づいてきている。この機会に、一度EV関連銘柄・リチウムイオン電池関連銘柄についてまとめておこう。, 世界的に環境に対する意識が高まってきており、そのため自動車業界でも燃費だったり排ガス規制強化の流れが強くなっている。, 最近の株式市場でもEV(電気自動車)関連銘柄・リチウムイオン電池関連銘柄が動意づいてきている。, この機会に、一度EV(電気自動車)関連銘柄・リチウムイオン電池関連銘柄についてまとめておこう。, ※以前はこのページにEV(電気自動車)関連銘柄・リチウムイオン電池関連銘柄の両方をまとめていたが、リチウムイオン電池関連銘柄は別途まとめた。, まずEVについての説明からはじめよう。EVとはElectric Vehicle(エレクトリックビークル)の略で、日本語に訳すと電気自動車となる。ちなみにVehicle(ビークル)ってのは車両って意味だな。, リチウムイオン電池とは正極と負極をリチウムイオンが移動することによって充電と放電を行う電池のこと。詳しい説明をすると、非常に長くなるし難しそうなので割愛するが、ここでは取りあえずEV(電気自動車)の動力源となる電池であることを覚えておこう。, ちなみにリチウムイオン電池はEV(電気自動車)以外の身近なところでは携帯電話やノートパソコン、デジカメなど数多くの電化製品に搭載されている。要は充電・放電を行える電池ってことだな。, リチウムイオン電池はEVには欠かせない動力となるものなので、リチウムイオン電池に関連する銘柄をEV関連銘柄と呼ぶこともある。と、いうか注目されているEV関連銘柄のほとんどはリチウムイオン電池に関連する銘柄ばかりだ。, ちなみにEV(電気自動車)と燃料電池車・ハイブリッド車の違いを超ザックリとだが、説明しておこう。よく混同する人がいるからな, ・動力源はモーターと蓄電池(リチウムイオン電池) 最近の株式市場では EV(電気自動車)関連株 や FCV(燃料電池車)関連株 が注目を集めていますね。 これは、11月の米大統領選で環境問題を重視し、クリーンエネルギー推進派のバイデン氏が勝利したことが一つの要因だと思われます。 リチウムイオン電池 関連銘柄 本命. PER:(連) 20.38倍 ・環境性能はそこそこ良い, 燃料電池車はガソリンの代わりに水素ステーションで水素を補給して走る車だ。こちらもEV同様に環境にたいしては大変優しい自動車だが、水素ステーションで定期的に燃料を補給しないといけないところが少々ネック?ま、ガソリンスタンドにいく感覚と同じなんだけどな。水素ステーションがもっとたくさんできてくれば、さほど面倒さは感じないとは思うが。, EV(電気自動車)は、水素ステーションにいかずとも自宅のコンセントで充電できる点は大きなメリットだろう。, ま、とりあえずEVも燃料電池車も現在、普及しているハイブリッド車に比べてEVや燃料電池車はガソリンを全く使用しないため、環境性能はバツグンだ。, それと、少し前に「エコカー減税!」ってCMがバンバン流れていたが、エコカーってのはハイブリッド車、EV(電気自動車)、燃料電池車などの総称のことだ。覚えておこう。, 日本はどうやらリチウムイオン電池の分野では、世界に対して一歩リードしているらしい。つまり、世界的なエコカー普及の流れに乗り、リチウムイオン電池で実績を作れば世界を相手に日本のリチウムイオン電池が売れる可能性もあり得るかもな。, EV関連、リチウムイオン電池関連、当方は割と息のながいテーマとなると予想している。, EV関連銘柄に追い風のニュースを追記しておく。2017年07月05日、スウェーデンの自動車メーカー ボルボが2019年以降に発売するすべての車種をEVかもしくはハイブリッド車にすることを発表した。, ボルボもCEO「ホーカン・サムエルソン」氏は「単純な(ガソリンやディーゼルなどの)内燃機関の終わりを意味する」と発言したようだ。, 知っての通り、ボルボは世界的な有力自動車メーカーだ。ボルボがEVへ向けて舵をきったことにより、世界的にEV市場が拡大する可能性はありそうだ。日本の株式市場でもEV関連銘柄への関心が高まるかもしれない。引き続き、EV関連銘柄は息の長いテーマ株として注目したい。, 2017年08月03日(木)、トヨタ自動車とマツダが資本提携することがわかったようだ。トヨタとマツダはすでに提携関係にあるが、さらに株式を数%ずつ持ち合い、EV(電気自動車)の共同開発を加速させるとのことだ。主力の米国市場での新工場の共同建設も検討しているとのこと。, フランス・イギリスでは2040年までにガソリン車・ディーゼル車の販売を禁止する方針を打ち出しており、さらに中国でもEV(電気自動車)の生産・販売を義務付ける環境規制を導入する予定となっている。さらにインドでも2030年までにガソリン車とディーゼル車の販売を禁止してEVへのシフトを加速させる方針を打ち出している。, 世界的にガソリン車・ディーゼル車を規制し、環境に優しいEVへのシフトを加速させる動きとなっており、日本の自動車メーカーもいよいよEVシフトが急務とみている模様。, このトヨタ・マツダのEV共同開発に向けた資本業務提携は、EV関連銘柄にとっては大きな追い風となりそうだ。ますますEV関連銘柄には注目すべきと言えるだろう。, 2017/08/21、ドイツのメルケル首相が「いずれガソリン車・ディーゼル車の新規販売禁止に踏み切る」という意向を示したようだ。まだ具体的な年月を定めてはいないものの、これでフランス・イギリス・インドに続きドイツもガソリン車・ディーゼル車を廃止する方針としたことになる。, ドイツはEUの主要国であり、自動車産業が盛んな国である。メルセデスベンツ・フォルクスワーゲン・アウディ・BMWなど数々の有名自動車ブランドを擁する。自動車のパイオニアたるドイツがガソリン車・ディーゼル車を廃止する方針を示したことは世界的にEV移行の波を加速させる可能性が高そうだ。さらにEV関連銘柄への人気が高まりそうである。, 2017年09月28日に、トヨタ・マツダ・デンソーの3社がEV(電気自動車)の開発を加速するための新会社を設立する方針を固めたと報じられた。2017年08月にはトヨタとマツダがEVの開発加速へ向けた資本業務提携をすることがわかったが、さらに踏み込んでEV開発の新会社を設立というのは面白い。この報道はさらにEV関連銘柄・リチウムイオン電池関連銘柄の刺激になりそうだ。, またもやEV関連銘柄に追い風のニュースだ。2017年12月18日(月)に、トヨタ自動車は「2025年ごろまでにエンジン車だけの車種はゼロにする」と発表したようだ。つまり、全ての車を「EV(電気自動車)」「FCV(燃料電池車)」「HV(ハイブリッド車)」「PHV(プラグインハイブリッド車)」にするということだ。またEVなどの動力源となる「二次電池」の研究開発費と設備投資には30年までに計1兆5千億円を投資するとのこと。, 日本を代表する自動車メーカーであるトヨタが「次世代エコカーの普及に向けて本格的に舵をきり始めた」と言えるニュースだ。このトヨタの発表により、再びEV関連銘柄に物色が集まる可能性に期待したい。, それでは本題のEV関連で本命視される銘柄をピックアップしていこう。出遅れ銘柄などもあれば追記していくつもりだ。当方の主観もコミなので、その点はご理解を。, 時価総額:21,295百万円 常に良い情報が入手出来るとは限らないので、配信は不定期になるとは思いますが…是非ご登録を。, 最近、当サイトのURLが無断掲載されているスパムメールを確認しました。当サイトでは不定期でメール配信をしておりますが<info@t-kabu.com>以外のアドレスではメールを配信していません。 電気自動車(ev)関連銘柄リスト投資家の兄弟たちよ、ごきげんよう。株王獅子丸だ。 電気自動車(ev)関連銘柄に少し動きが出ているな。8月4日にトヨタ自動車とマツダが電気自動車(ev)関連の業務資本提携を結んだことを発表したぞ。現在走っている ev(電気自動車)銘柄”世界に衝撃”中国政府は2035年をめどに、販売するすべての新車を電気自動車などにする方針をまとめた。工業情報化省などがまとめたスケジュールでは、2035年の新車販売で電気自動車や水素で走る燃料電池車などの「新エネルギ 株王獅子丸の最新の電気自動車(ev)関連銘柄の記事はこちら ⇒ 電気自動車(ev)関連銘柄 最新リスト 8/10更新株式市場では影が薄くなってしまっている電気自動車(ev)関連銘柄。 しかし面白い情報が舞い込んで来た。一部情報サイトによると このうち性能を左右するのはリチウムイオン電池の心臓部を担う正極材であり、関連銘柄も多く、例えば田中化研や戸田工などが業績面で今一 … 2014年にトヨタが初の量産型セダンとして「MIRAI」を発表し、本格普及に向けて大きく前進した燃料電池車。本格普及にあたり燃料電池自動車関連の部品メーカ、水素ステーション関連企業にとっては大きな需要拡大が見込めます。 世界初の水素社会の実現に向けて、官民挙げての大プロジェクトなだけに今後水素関連銘柄が注目される回数は多いでしょう。 水素関連銘柄とは燃料電池や水素ステーションに関わる事業を行っている上場企業の事を指します。 EV充電器関連株とは、 電気自動車(EV)の充電するケーブルだったり、ワイヤレス給電機を手掛ける銘柄などの総称 です。. この記事では、電池自動車に関連して今後成長および株価上昇の可能性があるおすすめ銘柄を紹介しています。 遠方への移動手段として便利な自動車ですが、その反面排気ガスによる環境に対する悪影響が懸念されています。自動車は生活に無 … 次世代エコカーの大本命ともいわれる「燃料電池車(fcv)」の普及に向けて、多方面で動きが活発化しています。今後大きな相場テーマとなりそうな「燃料電池車」関連銘柄をご紹介しましょう。 ev関連銘柄に限らず、新型コロナ下で業績が悪化している自動車セクターは、新型コロナ相場ではほぼ全滅の状況となっています。 【完全テンバガー狙いの銘柄を無料配信中!】 4.注目のev(電気自動車)関連銘柄 PER:(連) 23.48倍 グラーツ投資顧問 2017年1~7月の7カ月連続で推奨銘柄の8割近くが30日以内に+10%の上昇を達成!! ≪2017/09/22時点≫, 粉体関連装置で業界首位のホソカワミクロンもリチウムイオン電池関連銘柄であり、間接的なEV関連銘柄として注目しておきたい。, ホソカワミクロンはナノレベルの粉砕技術に強みをもつ企業。リチウムイオン電池などで使うネオジム・ボロン・鉄などの磁性材料を粉砕し製品化することからリチウムイオン電池関連銘柄の一角として注目される。こちらも出遅れEV関連として注目しておきたい。, 時価総額:7,086百万円 PBR:(連) 1.53倍 4.1 キーワードは「地方と農業及び賃金」関連銘柄一覧. このうち性能を左右するのはリチウムイオン電池の心臓部を担う正極材であり、関連銘柄も多く、例えば田中化研や戸田工などが業績面で今一 … ≪2017/09/14時点≫, パナソニックもEV関連銘柄の本命株として注目だ。パナソニックは車載用(EV向け)のリチウムイオン電池を手掛けており、さらにEVと電力貯蔵用バッテリーパックの製造販売を手掛ける米テスタモーターズに2次電池を共有している企業でもある。まさにEV関連ドンピシャの銘柄と言える。ただし、パナソニックは知っての通り大企業。時価総額の規模も大きく、値動き妙味の観点ではやや面白みには欠けるかもしれない。, 時価総額:66,408百万円 PBR:(連) 4.11倍 ≪2017/12/18時点≫, タムラ製作所もEV関連銘柄の出遅れ株として注目しておきたい。タムラ製作所はトランスやリアクタ、はんだ材料や絶縁膜などを手掛ける会社だ。EV関連銘柄としては、EVに搭載される電圧を上げる部材「昇圧リアクタ」を手掛けていたり、また車載用プリント基板向け接合剤や絶縁材を手掛けている。またFCV(燃料電池車)向けの車載部品なども手掛けているため、FCV関連銘柄の一角とも言えるだろう。, タムラ製作所の時価総額規模はさほど小粒でもないが、値動きが重いというほどでもないだろう。EV関連銘柄の出遅れ株として注目しておきたい。, EV関連銘柄は非常に息の長いテーマ株となる可能性を秘めている。フランス・イギリス・インド・ドイツなどの各国が、将来的にガソリン車・ディーゼル車を廃止し、EV(電気自動車)へのシフトを加速させる方針としている。今後も世界的なEV化の波はさらに勢いを増すだろう。, 現在のガソリン車やディーゼル車の大半が将来的にEV車に置き換わるとすれば、その市場は膨大だ。世界的に膨大な市場規模となることが見込まれ、さらにEVの動力源であるリチウムイオン電池などの電池素材において日本メーカーは高いシェアを誇る。, 日本市場においてEV関連銘柄・リチウムイオン電池関連銘柄は息の長いテーマとなりそうだ。EV関連銘柄の本命株・出遅れ株 一覧はしっかりと把握しておきたい。なお、今後も本命株・出遅れ株などが出てくればこのページにドンドン追記していくつもりだ。, 確かに今の相場で大きな値上がり幅の銘柄に投資したいなら注目すべきはやはり「テーマ株」だろう。, 2017年を振り返ってみると、人工知能(AI)関連銘柄、ビットコイン・仮想通貨関連銘柄、量子コンピューター関連銘柄、半導体関連銘柄、ライザップ関連銘柄、ヒアリ関連銘柄などなど細かいものを入れるとじつにたくさんのテーマ株が株価を上げたものだ。, テーマ株が順繰り物色される流れはそう変わるものではない。むしろ最近の相場を見ていると株が大きく急騰するには「なんらかのテーマ性があることが必要条件になりつつある」とすら思う。, 当方は個人投資家がもっとも現実的に次にきそうなテーマを探る方法は「投資顧問サイト」を上手に活用することだと思っている。投資顧問サイトは胡散臭いところもあるが、信頼できるところを選べば役立つケースがあるのは事実だ。, 特にテーマ性を重視して選ぶのならばこれら3社は見ておくべきサイトとしてオススメする。, 株エヴァンジェリスト ≪2017/07/11時点≫, ダブルスコープもEV関連で外せない銘柄の一つだ。ダブルスコープはリチウムイオン電池セパレーターの専業メーカーでこちらも業務内容はEVドンピシャ。EV関連・リチウムイオン電池関連の銘柄が注目される時は、こちらもよく動意づく。, ここも時価総額はさほど大きすぎるわけでもなく値動きは重くない。短期~スイングでも狙いやすいのも面白い。田中化学研究所と同様に、本命視する見方もある銘柄だ。, 時価総額:22,647百万円 PER:(連) 18.55倍 PER:(連) 20.88倍 PER:(連) 5.74倍 PER:(連) 18.26倍 PER:(連) 13.97倍 ev(電気自動車)銘柄”世界に衝撃”中国政府は2035年をめどに、販売するすべての新車を電気自動車などにする方針をまとめた。工業情報化省などがまとめたスケジュールでは、2035年の新車販売で電気自動車や水素で走る燃料電池車などの「新エネルギ ≪2017/07/11時点≫, 戸田工業は顔料・着色材料、磁性材料などが柱の企業だが、リチウム電池正極材事業も手掛けている。こちらも昔から、リチウムイオン電池関連銘柄としてよく注目を集めた銘柄だ。リチウムイオン関連でよく注目されることから、EV関連銘柄としても注目を集める。事業的にもドンピシャの銘柄だし、注目しておくべきだろう。, 時価総額:19,110百万円 PER:(連) 42.73倍 EV(電気自動車)関連銘柄 本命. 2017年は自動運転関連株が熱い!世界各国の企業が実証実験や最新のシステムを開発し、自動運転車の完成へと近づいて来ました!特に今年は注目でその動向が見逃せません。注目の関連銘柄も合わせ見て … PBR:(連) 1.74倍 こんにちは、かりんです殺. ev(電気自動車)関連銘柄の本命は?合わせて急速充電器関連も注目! 東証一部に昇格で株価が上がる!上昇率やメリットについて解説 【2020年】テンバガー(10倍株)候補銘柄の一覧!銘柄の選び方も伝授します; リチウムイオン関連銘柄はevシフトで急騰! ≪2017/10/05時点≫, 東芝がなかなか面白い材料を発表したようだ。元より、東芝はリチウムイオン電池(SCiB)を手掛けている銘柄だが、2017年10月03日に、従来品の2倍の容量を持つ負極材を採用した次世代リチウムイオン電池(SCiB)の試作に成功したと発表している。, 一般的にリチウムイオン電池の負極材には黒鉛が使用されているが、東芝の次世代リチウムイオン電池では2倍の容量を持つチタンニオブ系酸化物を用いており、高エネルギー密度でありなおかつ急速充電が可能という特徴がある。この次世代リチウムイオン電池を用いることで6分間の急速充電で、従来のリチウムイオン電池搭載EVと比較し、走行距離を3倍の320kmに延長することが可能のようだ。, 今後はエネルギー密度をさらに高め走行距離を伸ばし2019年の製品化を目指すとしている。, 東芝といえば、米国の原発事業の失敗により経営危機に瀕しているが、このEV向けのリチウムイオン電池の製品化により、業績を回復できるか見ものである。, ここ数年で大きく時価総額を目減りさせたとはいえまだまだ東芝の時価総額規模は大きいので、やはり中長期スタンスでの取り組みが前提になりそうだ。東芝を中長期スタンスで保有するのは怖い部分もあるけどな。, 時価総額:4,831百万円 PER:(連) 17.14倍 4.1.1 ふるさと納税関連銘柄一覧; 4.1.2 農産物輸出関連銘柄一覧; 4.2 農産物輸出やふるさと納税本命銘柄は? PBR:(連) 1.00倍 PBR:(連) 0.89倍 目次 1. 次世代エコカーの大本命ともいわれる「燃料電池車(fcv)」の普及に向けて、多方面で動きが活発化しています。今後大きな相場テーマとなりそうな「燃料電池車」関連銘柄をご紹介しましょう。 「5G」とは、第5世代(5th Generation)移動通信システムの略称です。現在、スマートフォンなどで利用している「4G」の次世代通信システムである5Gの通信速度(10Gbps以上)は、現行4Gの約100倍と、通信速度が圧倒的に向上されることが特徴。目安では、2時間程度の映画を5Gだと約3秒でダウンロードできてしまうほどの速さになると言われています。 2015年9月に国際電気通信連合(ITU-R)が発行した小冊子に … PBR:(連) 1.97倍 ≪2017/09/22時点≫, ノリタケカンパニーリミテドは世界的な高級陶磁器食器メーカーだが、出遅れのEV関連銘柄としても注目したい。ノリタケカンパニーリミテドのエンジニアリング部門ではリチウム電池向けの乾燥炉や焼成炉を手掛けていることから、リチウムイオン電池関連銘柄の一角として注目される。間接的ではあるが、こちらもEV関連銘柄の一角として注目したい。, ノリタケカンパニーリミテドは時価総額の規模はやや重めだが、現状のPER、PBRはまだ過熱感は感じない。今後の値動きにも注目したい。, 時価総額:38,050百万円 PBR:(単) 2.75倍 ≪2017/09/13時点≫, カーリットホールディングスがEV関連銘柄の出遅れ株として注目されているようだ。カーリットホールディングスは化薬・化学品の生産を手掛ける企業。同社が注目されているのは、リチウムイオン電池の評価試験を手掛けていることが要因のようだ。カーリットホールディングスの電池試験場はセルからモジュールまでの様々な電源を取りそろえているとのこと。, リチウムイオン電池はEV(電気自動車)の動力源にあたるものなので、リチウムイオン電池関連銘柄としてだけでなくEV関連銘柄の出遅れ株としても注目したい。, カーリットホールディングスは時価総額の規模も小粒で、PER・PBRもまだ割安感がある。値動きも軽い銘柄なので、妙味的にも面白い。今後の値動きにも注目したい銘柄と言える。, 時価総額:3,951,869百万円 PER:(連) 39.86倍 sf映画などで見かける自動運転車。 これの実現がすぐそこまで迫ってきています。 高齢者ドライバーの事故報道が世間を賑わせていますが、自動運転技術が発達すれば事故は大幅に激減するでしょう。 また世界各国で開発競争が激化している世界的なテーマ株です。